ジャズ喫茶

福井にある老舗の、ジャズ喫茶「MOON RIVER」。イギリス製の落ち着いた音を聞かせるスピーカーが、その存在を主張することなく、しかし老舗のジャズ喫茶として音にうるさい客を納得させる音を今日も出していた。ここは実においしいコーヒーを楽しめる店でもある。

こうした店は常連がほとんど。自分は常連の数には入らないのだろうが、マスターはしっかり覚えていてくれて親しく話をしてくれる。ジャズ愛好家が聞き飽きたのか、それとも他のジャンルの音楽に転向したのか、収集したCDやレコードを委託販売のかたちで店の一角に山積みしてある。今日もその中から3枚を選び出して買って帰った。(一枚は画像が見つからなかった)

Junir Mance Trio ramsey

 

Ramsey Lewis Trio でベースを弾いている El Dee Young は歌いながらベースソロをとる草分けの一人。アドリブのラインをベースで弾きながらその音をスキャットで口に出して歌うのである。時には同じメロディではなく、ハモッて歌う。

本場のジャズメンにはすごい人がいるとその昔感動したものだった。懐かしいラムゼイ・ルイス トリオのCD、家のステレオで堪能したのは言うまでもない。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ パーマリンク

コメントを残す