葬儀そして事務所開設奉告法要

午前10時、T家葬儀。葬儀終了後いそいで大阪へ向かう。一月以上も前からお約束して、朝倉商会 大阪事務所開設 奉告法要を勤めることになっていた。朝倉商会はFAS―企画という独自ブランドを持つ履物専門の会社。

祝儀と不祝儀という言い方は浄土真宗にはなじまないとは思うが、事業発展のステップとして福井本店・仙台営業所・奈良営業所そしてこのたび大阪営業所の開設に踏み切られたことを思えば、葬儀の直後にこうした法要は普通には避けられるところかもしれない。たまたま葬儀を勤められるT家と朝倉家は福井市の同じ町内の千福寺門徒。朝倉商会の社長はこうした事情を理解の上、葬儀の直後、大阪事務所開設奉告法要をつとめることに何のこだわりもなく勤めますと言われる。社長の力強い言葉に意を強くして大阪へ向かう。

葬儀の後には、当然納骨法要が待っている。りんどうホールで葬儀を営まれ、その後の会食もりんどうホールそして引き続き納骨法要という流れの中で、一つしかない住職の体、ここは一つ若院の出番。というわけで事情を話し日帰りで京都から納骨法要のためにだけ帰ってくれることになった。住職は大阪へ、若院は京都から福井へそれぞれとんぼ返りのあわただしさ。結局すれ違いで顔を合わせることは出来なかった。

写真はT家の納骨法要の写真。朝倉商会の大阪事務所開設法要については明日にでもご報告を。

T家のご遺族の方へ。

このホームページのお問い合わせのボタンをクリックして、メールをお送り下さい。縮小前のオリジナルの画像と、通夜のあと撮った孫さんたちの写真も合わせて電送?させていただきます。

DSC_7794

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す