福井組親鸞聖人750回大遠忌法要

いよいよ、法要当日となった。9時に会場入り。会場設営のチェック・法要とコーラスの入念なリハーサルを行う。

12時過ぎにはホールのロビーにたくさんの行列。予定を少し早めて開場とした。一番心配したのが入場者数。

予定を5分早めて法要開始。コーラスグループ「安穏」のステージも開場の暖かい拍手で終了。このころには、ほぼ満席の状態。

多すぎず少なすぎず、主催者側としては読みがあたってホット胸をなでおろした。

トイレ休憩の時間が長くかかり五木寛之氏の講演は10分遅れで始まった。少しもいやな顔をすることなく、しかもみっちり1時間半の

講演をしていただいた。終了すると即座に楽屋口から福井駅へ向かわれ、5時過ぎのサンダーバードで大阪へと向かわれた。

少し残念だったのは、講演終了後閉会式の恩徳讃前に緞帳を一度下ろしたので、お客さんが立って帰ってしまわれた方が少なからず

あったこと。白井淳夫さんのサックスとコール無憂華による恩徳讃も是非聞いていただきたかったのだが、最後まで残られた方々からは

すばらしい閉幕でしたとお褒めの言葉をたくさん頂いた。

法要委員長としてお礼の挨拶をさせていただいたが、一つのことを仲間とともに成し遂げることが出来たという心地よい疲労感で満たされた。

一息つく間もなく、会場の後片付け。

若手のお坊さんたちを慰労の意味で近くの焼き鳥屋に同行し、ねぎらった。

それはそれはビールのおいしかったこと!

写真等は近日中にあらためて掲載しようと思う。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク
  1. ピンバック: 福井新聞しあわせ基金 | 〜千福寺〜りんどうホール〜

コメントを残す