H家墓地納骨法要と一周忌

午前中、H家の墓地納骨と引き続き一周忌法要。法話の後、親戚の方からいくつか質問が出された。その一つが「他力」ということについて。

つけておられた門徒式章から大谷派のご門徒と察せられる。無論、その場で完全に「他力の思想」をご理解いただけるとは思われないが、自分なりの領解(りょうげ)を取次ぎさせてもらった。考え方として、仏道を歩む上で自分の功績、手柄すなわち善根功徳を自分で積んだと自分の方に目を向けるのか、自分をして仏道あるいは証に向かわしめるはたらきを仰いでゆくのかで、自力と他力の分かれ目があるという点。

こうした問が出てくるご法事自体が、故人がそれこそ仏法に遇うご縁を下さってあるといえよう。

夜、越前市の葬儀会館にてA家の通夜。他宗の方の会葬者が多かったからか、お正信偈の声は比較的小さかったが、たくさんの会葬者にもかかわらず静粛さの保たれた通夜だった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す