日別アーカイブ: 2010 年 6 月 22 日

富山にて布教、そして大阪へ

富山市のS寺様の永代経布教。記録を見ると1998年から毎年この時期に出講のご縁をいただいていることになる。布教にでるご縁はそれほど多いわけでもなく、法話の題材も限られているので、同じ話を何度もしていることになるが、お聴聞の皆さんの初めて聞くようなお顔に支えられて何とか今年も勤めさせていただいた。10年以上も毎年寄せていただいていると、おなじみになり、亡くなられた司会の玉置宏氏のように、「一週間のご無沙汰でした。司会の玉置宏です」ならぬ、「一年間のご無沙汰でした、福井の千福寺です」ではじまることに。当然参詣のご門徒さんもお浄土へ帰られた方もある。総代さんも入れ替わり、それより何より、この10余年のあいだに前住職様もご往生された。

午後の法座を終えて住職様の丁寧なお見送りをいただき車を飛ばして帰福。先に出発した法務員Y君の後を追い、大阪高槻へ。教えられた葬儀会館へ到着、とりあえず阿弥陀経を読経。亡くなられたTさんは自分より4歳年長。福井を離れ大阪で居酒屋チェーン店を経営し事業的には成功された方だが、これほど病状が悪化していたとは。

明日の葬儀の打ち合わせなど確認し、Y君と高槻市内のホテルにチェックイン。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする