日別アーカイブ: 2010 年 6 月 26 日

十七回忌法要

午前十時、市内Y家の十七回忌法要。故人は誠実で几帳面な方だった。現在の御当主は航空会社をリタイア後、現役時代に培われた人脈を通じて福井市および県のイメージアップのために多大なる貢献をしておられる。例の白い犬のお父さんで皆さんご存知の携帯電話、そのコマーシャルの越前編や、一乗谷をアピールするポスターなど、この方の人脈によるもの。

Y家を辞して帰山。母を乗せて加賀の母の実家の寺へ。叔父(母の兄)のこれまた十七回忌法要。この叔父には深いご恩がある。30年前、自分が鹿児島から福井の千福寺に入寺するときのこと。母方の祖母が結婚式直前に亡くなっていた。叔父はそのことを親戚一同に告げると同時に、通夜を二日も延ばして、しかも私の家族にはそのことを一切知らせず、私どもの結婚式を優先してくれたのだった。親戚・門徒披露と二日にわたった結婚披露宴が終わって初めてそのことを知らされた。

みなの祝福を受けながら幸せそうな顔をしている自分たちの姿をみながら、本当のことを知っている叔父たちの心中はいかなるものだったろうかと思う。事の重大さも何も知らずにいる姿に、叔父たちの胸は痛んだことだろう。

叔父の計らいのおかげでとにかく自分たちの結婚式、披露宴は無事に終わることが出来た。ご門徒さんへの披露が終わる頃を見計らってかかってきた電話でそのことを知らされた自分たちはその足で母の里へ向かったのだった。

はるか30年前のことを思い出しつつ、叔父のご恩をあらためて噛みしめながら参列させていただいた法要だった。

DSC_8614

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする