叔父の十七回忌法要

午後、前住職十七回忌法要。今日もまた満堂の参詣。天気が不安定で、スコール並みの大粒の雨が降ったりやんだり。

この叔父については心に残る思い出がいくつかある。その一つを法話の席でご紹介しようかどうか昨晩まで迷っていたのだが昨晩の親戚を交えた語らいの中で、ご家族の了解が得られたので最初に叔父の人柄を偲ぶエピソードとして披露した。

この話についてはまたいつかどこかでご紹介したい。

一座の法要のため、しかも不安定な雨模様の中たくさんの方にお参りいただき、無事前住職の十七回忌法要は終わった。法供養という形で、法要に参列していただき仏法聴聞の縁としていただくことは、誠実な聞法者だった叔父の心にかなう一番の供養。

新築なった庫裏と門徒会館を隈なく使い切っての法要、住職はじめ坊守さまそして寺族ご門徒の皆様ようこそお勤めくださいました。

夜は、加藤家の兄弟親族と会食。法要を無事終えた心安さからか、こころからおいしくお酒もお料理もいただいた。それにしても三晩連続のお酒漬け。明日は生寺で姉の三回忌。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す