葬儀

午前10時、りんどうホールにてY家の葬儀開式。帰省中の次男も出仕させていただく。喪主としての挨拶の最後、「残された自分たちにかけられた母の願いをしっかり受け止めてこの人生を生きてゆきたい(趣意)」との挨拶がありがたかった。こちらからは見えなくとも、自分のことを変ることなく思い続けていてくださる方がある、願いをかけて続けていて下さる方がある、そのことに思いを致すことのできる生き方こそ、願いに応える生き方そのもの。

滞りなく葬儀は終わりいよいよ出棺。今日も厳しい日差しの中、火葬場への車列は発っていった。

午後、Y家の納骨法要。お斎の席はをりんどうホールの2階。よって拾骨が終わったらそのまますぐ納骨法要に移ることが出来る。

例によって納骨後のお揃いの写真をお撮りする。

 DSC_9784

 

夜半過ぎになって、B地区のご門徒さんから電話。つい先日お盆勤めでお参りしたT家のご主人がお亡くなりになられたとの知らせ。その一週間ほど前に緊急入院されたとうかっがたばかり、お盆がすんだら病院へお見舞いに寄せてもらわねばと思っていた矢先の知らせである。時間が時間であり、明朝枕経に寄せていただくことをお話して床につく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す