お説教とジャズの午後

アチャー。エライ失敗をしてしまった。原則第四日曜日の日曜講座、今月はこのイベントのこともあり、最終日曜日すなわち29日に開催しますということの通知が遅れてしまった。何名かの方がお寺まで足を運ばれた。申し訳ありません、こちらの連絡ミス・不手際でした。お侘び申し上げます。

午前9時半、市内M家法事と報恩講のお勤め。帰山すると、今日のお説教とジャズの出演メンバーがすでにりんどうホールでリハーサル中。聞けば昨日はおなじメンバーで岐阜でのコンサート。昨夜のうちに福井入りしたとのこと。

毎度の事ながら、お客さんの入りが心配。前売り券で60枚ほど裁けていたのだがさて当日来場者は・・・・・。

結果的には120を超える方々が来場くださった。(ホッ)

いろいろな催し物・イベントなどが県内各地で行われている。その中、こうして千福寺の「お説教とジャズ」に足を運んで下さることに感謝感謝。お客様の中に、昨日の『行信講座 観無量寿経に聞く』の受講生のお二人の顔が見える。今日はそれぞれ奥様を同伴して。

二日連続のお寺参り?有難うございます。

DSC_9850

2時より住職の法話。条件反射のごとく、法話が始まると安らかにお休みになる方もちらほら。それでも殆どの方がこちらを見つめて聞いてくださっている。

休憩の後、いよいよジャズコンサート。この催しが始まって以来毎回出演して下さっている白井淳夫さんのセカンドアルバム発売記念ツアーコンサートである。本日の演奏曲目も殆どをアルバムの中から選んである。白井さんの透き通ったアルトサックスの音がホールに響き渡り、聴衆も聞きほれながらのコンサートとなった。

ロビーではアルバムのサイン会。そこそこの方がニューアルバムを購入して下さった模様。

お客さんの中にご縁あって、横浜や東京、岐阜からお越しの方もあった。ギターの岡安さんのいわゆる熱烈なファン。

親指の怪我によって殆どベースの練習が出来ていないので今年は住職のベース出演はなし。その代わりというわけではないが司会アナウンスでステージに立った。

無事終了して、会館2階で打ち上げ。途中から、コンサートには法務で間に合わなかったけれど市内T寺の若院さんご夫婦が顔をみせてくれた。ワイワイ楽しくおいしくお酒をいただきお開き。

これで一応今年の夏の主な行事は終了。まもなく八月が終わる。何とかこの夏を無事に乗り切れたこと、行事も何とか勤め上げることが出来たことなどある種の感慨を胸に床についた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ パーマリンク

コメントを残す