日曜講座

8月最終日曜日、日曜講座開講。先週、こちらの不手際でわざわざお寺まで足を運んでくださった方々もにこやかにお顔を見せてくださった。開口一番お詫びの言葉を口にしたのはいうまでもない。昨日一周忌を勤められたYさんもちゃんと出席。

一応先月でお正信偈の草譜については最後まで進んだので、今回と来月とで行譜の練習を。DSC_9865

終わって冷たいお茶と甘いもので茶話会。あらためてお一人お一人に自己紹介をしていただいた。皆さんそれぞれ上手にご自分の関わってきた仕事など手短に話してくださる。

皆さんをお送りして、市内K家の満中陰法要。お仏壇の柱に葬儀のあとお渡ししている中陰めくりがかかっており、満中陰のページが開かれていた。書かれていた言葉「倶会一処」について法話。すぐ近くの老舗料亭に場所を移してお斎。この料亭ははすに福井で経済閣僚のサミットが開催されたさい、会食の場に選ばれたところでもある。

ご当主の挨拶の中、葬儀が終わってから県庁より生前の功績に対して叙勲の通知の報告があった。福井県の「おろし蕎麦」がかなり全国的に知られるようになったことについて、故人の果たしてきた貢献は知る人ぞ知るところである。

素直にその叙勲を喜びたいとの当主の言葉だった。その後この当主から、お通夜で遺族も全員揃ってお正信偈のお勤めをしたこと、孫・ひ孫まで(この子たちは日曜学校の卒業生もしくは現在通ってきている)声を揃えてお勤めしている姿に感動したとの声があったことなどの後日談をお聞きした。外は相変わらずきつい日差し。勧められるままにビールをいただいていたらかなり酔ったようだ。帰山してそのまま倒れるようにして夕刻まで爆睡。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す