K寺様報恩講

午前10時、町内のK寺様の報恩講に出仕する。K寺様はその参詣者の数にご住職の熱心なご教化の姿勢が反映されていると思う。住職の勤めはしつこいと思われようが、何をさておいてもまずともにお慈悲をお聞かせに預かりましょうと参詣・聴聞を勧めることだろうと思う。

そのためにはあの手この手を使い、お寺に足を運んでいただく工夫が必要だろう。送迎のバスを用意し、午前と午後の間の休憩時間に本堂でコーラスを一緒に楽しんだりなど実際にそれを実践しておられる。

 

一度帰山して、りんどうホールでのO家の葬儀に出仕する。お手次ぎは同じ福井組のS寺様。

午後再度K寺様の報恩講に出仕。近年、午後の席が激減する傾向がどこのお寺でも見られるが、K寺様では、お斎がすんだ後本堂で唱歌や童謡のコーラスを皆さんで楽しんでいらっしゃる。コーラスが終わるころそのまま午後の法要が始まるという次第。これじゃ減りようがない。実にご住職、考えなさったなと感心することしきりである。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す