イギリスから

昨日メールにてMさんのお嬢さんに写真をお送りしたら早速お返事が届いた。日本にいたころは活花を、結婚してイギリスに渡られてからもフローリストとしてお花を扱うお仕事をされていたそうで、お花が相当にお好きな方だ。

ご主人のご両親も花を育てておられ、この秋明菊ももちろん栽培されているとのこと。

教えていただいたのは、秋明菊の英名が「Japanese Anemone」。ご両親が日本のお花ということで彼女のために庭に植えて下さっているそうで、イギリスでも今がその盛りだそうだ。

花が結ぶ縁で、(最初はMさんの蓮の花)イギリスのお嬢さんから初メールをいただき、今回も丁寧なご返事。もっとこのブログにもお花の写真をアップしますかな。

先日結婚した息子の式と披露宴の司会進行をしてくれた鹿児島の姪が、8月に従兄弟の結婚式に出席すべくイギリスに行ったのだが、(イギリスで結婚した自分の姉の長女)結婚式もさることながらガーデニングの本場ということで、滞在中ロンドン見物はそっちのけでその方面ばかりを見て回ったらしい。姪の感想・・・・・ガーデニングの本場だけあって見て回るのに時間がいくらあっても足りないくらい・・・・という。

できることなら、いつか自分もその本場を訪れてみたいものだ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す