報恩講御満座そして通夜

午前中で報恩講は御満座。ご法話はことのほか有難かった。この席の法話を録音してあるので、いずれCD化してご縁のある方々にも聞いていただこうかと思案。今日の御満座の席はここ何年かの中で一番参詣が多かった。いつもなら一回の座敷でお斎がまかなえるのに、人数を数えてあわてて門徒会館に席を移すことに急遽決定。嬉しい悲鳴である。

ご講師を駅まで送り、後片付けを終わって一息ついたところで、今庄へ向かう。K家の通夜。お寺の報恩講と重なったことを考慮してか、通夜・葬儀を一日延ばして下さったようだ。近年珍しく、地区の公民館での葬儀。

例によって、お通夜のお勤めが始まったら喪主はじめご遺族は最前列に座っていただき一緒にお勤めしていただく。葬儀社も最近は千福寺のポリシーを心得てくれているようで、そのように取り計らってくれた。やはり真宗門徒は喜びにつけ悲しみにつけお正信偈という伝統は大切にしたい。参列の方々も一緒にお勤めの唱和をしておられる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す