日別アーカイブ: 2010 年 11 月 3 日

I地区報恩講

不思議なことに、この11月3日という日はめったにお天気が崩れるということがない。昨日の予報を裏切るかのように今日は秋らしい澄み切った空。

午前中早めに、市内Y家の報恩講を終えて丸岡町I地区の報恩講廻り。この地区はほとんどが浄土真宗のご門徒。藤島のT勝寺様と永平寺町のH覚寺様のご門徒がほとんどだそうだ。その中で千福寺門徒はO家とその分家の3軒のみ。それだけに結束は固い。毎年三軒が持ち回りで宿を勤め、家族ぐるみでお勤めの後、会食をする。今年は当番は本家。そういえば3月の薩摩かくれ念仏の旅に本家のご夫婦と分家の奥さん3人が参加された。準備されたたくさんのご馳走をいただきながらそのことにも話が及び、楽しかったね、普通の旅行ではいけないところへ連れて行ってもらえた、指宿のあの旅館は立派だったねなどと思い出話なども。

毎年必ず皆さんが報恩講勤めを終わって帰る自分たちを見送って下さる。ことしもそうでした。お正月にはお寺へ来て下さいよと催促してお別れ。皆さん有難うございました。ようこそお勤めくださいました。

IMG_0150[1]

午後市内、Y家報恩講。ご主人は銀行勤務ゆえ日曜日もしくは休日に報恩講をお勤めして下さる。子供たちがそれなりに成長し今日は休でも部活?で家に降りませんので末っ子だけしかお参りできずにすみませんと仰る。ここでも来年の「日曜講座」の受講をお勧めし、口説き落とし成功。できたら奥様もご一緒にどうぞとお勧め。

次のY家。昨年家を新築されオール電化住宅で一年経った。光熱費はどうですか?とお聞きすると、約三分の二から半分になりましたよとの返事。Yさんは若いころ福井組の連続研修も受けた方でお勤めはお上手。子供さん三人も日曜学校卒業生。壮年会再結成の有力メンバーになっていただかねばならないお一人でもある。

午後6時からY家から車で5分の葬儀会館にて、M家の通夜。例によってお勤めが始まるときには喪主・ご遺族は最前列に座っていただき一緒にお勤め。最近はこの葬儀社も千福寺の意向をわかってくれていてこちらが指示しなくてもそのように取り計らってくれ、ご遺族にもその旨伝えてくれてあった。

ご遺族が最前列に座っておられるのとそうでないのとでは会場の雰囲気がまるで違う。ご遺族はお勤めの本まで気が回らないだろうからということでご遺族の分の聖典はこちらが用意してお渡しして一緒にお勤め。他のご寺院の方々にもこのような通夜の形式をお勧めしたいと思う。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする