F地区報恩講

福井市F地区報恩講。この地区も昔からこの12月3日が報恩講廻りと決まっている。しのつく雨の中、午前中4軒のお勤め。午後は旅館を営むY家の報恩講。

帰山してから予約の歯医者さんへ。二度目の治療。何とか今度まではこの挿し歯でいけそうとの診断。仮歯をつけてもらう。硬いものはこの歯で噛まないようにと注意をうけ、気をつけていたつもりだが夜までにその仮歯も取れてしまった。みっともないが来週までもうこのままでいよう。

明後日は、別院報恩講の出仕の当番が当たっている。末寺ではあまり報恩講では用いない作法のお勤めである。その作法の中、一人で称えなければならない箇所があるので、夕食後組の練習。

お勤めは僧侶の大きな課題のひとつ。普段用いない作法であるが、こうした機会にあらためて時間をかけ練習するのも大いに刺激になる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す