鯖江・今庄・丸岡

朝、鯖江のI家報恩講。例年だともっと早い時期につとめてもらうのだが、ご主人奥様とも体調がすぐれず、のびのびになって今日の勤めとなった。ご主人から、丁重に前住職のお悔やみの言葉をいただく。

奥様とご本人の入院時期と重なって最近まで前住職の往生のことをしらずにおりましたと。ご主人は前住職より一歳年上。

今庄まで車を走らせ、K家の満中陰法要。納骨の際お撮りした写真をくださいとメール下さったのは武生に嫁がれた娘さん。M順寺様のご門徒であるご主人とお話する中で、M順寺様の坊守さんのご活躍など伺うことであった。自分のお寺の活動状況を知っておられるご門徒さんはまたその力になって下さる方でもある。今まで以上にM寺様にも足を運んで下さいねとお話する。お斎の籍に、当主のKさんが勤める酒造会社の新酒がでた。添加物なしの濁り酒。美味しいだけに心しながら飲まないと午後の法務に差し支える。

今庄インターから高速道路を一路丸岡まで。

O地区の報恩講廻り。本来なら明日5日がこの地区の報恩講廻りなのだが、明日午前中、別院報恩講の出仕しなければならない。よってO地区の半分を今日の午後に勤めさせてもらうことで皆さんの了解をいただいてある。帰山する頃にはもうあたりはすっかり暗くなっていた。だんだん冬至が近づいていることを実感。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す