歯医者さん

午前中最後に約束してあったお宅が、急に都合が悪くなったとのことで日延べ。よって午前中は市内2軒。午後T家の報恩講を勤めたが、一緒にお住まいの娘さんと一緒にお勤め。昨年よりお顔の色もずっとよく感じられたのだが、娘さんいわく、「何かだんだん元気になってゆくみたいです」と。今年90歳。足腰こそ弱ったものの、今のところその他特に悪いところはない。

帰山して、予約の歯医者さんへ。花堂のS歯科。差し歯の最終仕上げということで時間がかかるかもと前回言われていたのだがあっさりと終了。これでしばらくは?いけるでしょう。これがだめになったら、入れ歯(ブリッジ)かインプラントしかないでしょうねとのご託宣。せいぜい硬いものなど、この歯では噛まないように注意するしかない。

それにしても、自分の人生は、歯に振り回された(自業自得だが)人生だったとつくづく思う。子供達にはこんなことで苦労せずにすむ様にといってきたつもりだが、果たしてきちんと歯磨きしているだろうか。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す