ご法事と報恩講廻り

午前中市内の報恩講と法事2軒。Y家の満中陰法要ではた親戚、内孫、外孫、ひ孫までたくさんのお参り。それぞれがおじいちゃんを偲んでお焼香。Y家の跡継ぎはお孫さんの婿さん。まだ23歳だが、Y家に養子として迎えられ、もう立派なパパでもある。来年の日曜講座の受講の約束もしてくれた。Yさん、跡継ぎまでしっかり決めて、彼をともなってよくお寺にお参りされましたね。お見事でした。

例年なら報恩講のお勤めに、少しばかり外れた調子で元気に一緒にお勤めして下さったその姿がないのは寂しかったけど、こうして跡取りさんが立派にその後をついでくれますよ。

寺に取って返し、寺の本堂でM家の満中陰法要。法話を終えて座敷でしばらく歓談。皆さんその足で市内のお料理屋で会食とのこと。

お昼ご飯を急いで済ませ、細呂木の報恩講へ向かう。S家のご当主はもと小学校の校長先生。退職後、地域の農業発展のためにさまざまな取り組みをしてこられたのだが、今年はとにかく果物・野菜みな凶作と仰る。こんな年は初めてですと。全部のお参りを終え、急いで福井へ取って返す。

先日予定変更で日延べになったH家の報恩講をつとめて帰山。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す