お年頭参り

切符がこの便しか取れなかったというので止む無く長男夫婦は横浜へ8時過ぎの列車で帰っていった。

午前10時より、今年のお年頭参り。かなり積雪があったので駐車場の除雪をしておこうと思い、除雪機を始動。そうこうしているうちにマイカーの門徒さんがボツボツと来始めた。何とかスペースを確保したところでほぼ10時になった。

本堂では準備した椅子が足りないほどたくさんのお参りがあった。すぐに予備の椅子を並べて事なきを得たが、これは嬉しい悲鳴。雪のため参詣が例年より少ないだろうと予想したこちらの完全な読み違い。例年を上回る熱気の中でお正信偈の唱和。新年の挨拶を兼ねた感話につづき総代の細野さんに挨拶をお願いした。

DSC_0717DSC_0716DSC_0712

会館に移動しての新年会。お年頭のお参りだけして他へ回られる門徒さんもある中、会館での新年会も例年以上というか、今までの最多を記録した。急遽テーブルを増やして対応。これまた嬉しい悲鳴である。

年女の女性を代表して金津町の中屋さんに挨拶と乾杯の音頭を振ったところ、えーっと驚いてはいたが堂々と立派に役を果たして下さった。初参加、新しく門徒になったS.エストレリアさんを皆さんにも紹介。

永代経・報恩講のお参りの際には声をかけてあげてください。

DSC_0727DSC_0722DSC_0730DSC_0738

宴たけなわの中、いよいよお待ちかねの福引。日曜学校のH.Rちゃんが福引抽選の箱を持って各テーブルを回ってくれる。大人もこのときはみな童心に還ってニコニコ顔。

一回りしたところで余った景品獲得のため、住職と全員のジャンケンポン、勝ち残った人にさらにもう一度福引抽選のチャンスがあたる。

DSC_0786

数えで90歳になる西田さんのおばあちゃんも参加して下さった。というわけでツーショット。

DSC_0788

有志の方が後片付けを手伝って下さったのでホント助かりました。この後、新年会は続くのだが、最後まで残って飲み続けたのはナント女性。さすがに本気を出したら男はカナワナイ。

楽しい一日でした。皆さんようこそ、有難うございました。しんどいことも当然あるでしょうが、尊い一年にしてゆきましょう。

 

年頭参りと新年会の写真の数々を「アルバム」に掲載しました

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す