電蓄リペア

ネットオークションで2台目の SONY MD-7000 を落札した。今度のやつは、MD作動せず、上蓋オープンに問題あり(勝手に開いたり、オープン動作中ガリガリと異音を発する)、液晶表示せず、本体上面に擦り傷あり、などなどの但し書きつきのいわゆるジャンク品。格安で運よく落札できた。発売当時は300.000円したという、人呼んで「バブル電蓄」(笑)

image

どんな人がこんな商品を購入したのか、想像ふくらましてみる。相当なオーディオマニアか、オーディオにのめりこんでいるわけではないがとりあえず高級品を身の回りに置きたがるお金に不自由しなかった人か・・・・。自分が落札購入したこの商品の最初のオーナーって?

一番心配だったのがCDプレーヤーが作動するかどうか。どうしても前の同じ商品のCDプレーヤーが動いてくれなかったからだ。電源を入れ即CDをかける。

 

出た!いい音でCDを再生している。やった!液晶表示の問題や、上蓋の開閉の問題は前の同じ機種を弄り回しているだけに支障の原因は大体想像がつく。とにかくこの機種でCDがききたいのだから。

分解その一

IMG_0361[1]

基盤とMDプレーヤーとCDプレーヤー

IMG_0356[1]

CDプレーヤ部のアップ

IMG_0357[1]

かくしてこのMD7000でCDを聞くことの念願はかなった。

極端に薄い液晶の表示は、予想がばっちり当たってたんなる接触不良。接点復活剤を塗布してくみ上げたら、新品時代もこうであったろうと思われるほど濃く表示している。

この組み上げにはおまけがついてきた。MD作動せずとあったのでまったく期待していなかったのだが、ナントMDも動くではないか。

貧乏根性の持ち主の自分としては、格安で買った商品がこうして見事に復活してくれると単純に嬉しい。

 

座って作業していたら腰がこわばっていた。結局Y整骨院へ車を走らせる。しばらく通ったほうがよさそうだ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す