門徒集会と葬儀

2月11日は年に一度の定例門徒集会。各地区のお寺の世話役さん方にお集まりいただいての今年の活動計画等の報告・審議。20名の参集。

今年度の議題では、本山の750回大遠忌法要の参拝募集について、前住職の一周忌法要。そして来年いよいよ千福寺における宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要の実施について日取りを決定した。

 

 

☆前住職 釋祐成 一周忌法要 平成23年5月14日(土) 午後

☆千福寺宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要 平成24年4月15日(日)

             前住職 釋祐成 の三回忌法要と併修

その他、西別院の親鸞聖人750回大遠忌法要への協力、壮年会の充実へ向けての方策などが話し合われた。

昨晩の通夜のK家の葬儀はこの門徒定期集会のこともあり、午後12時開始。つつがなく集会と葬儀を終え、午後は市内H家、若くして急逝されたご子息の7回忌法要。法話の際のお母様の涙に「世間の涙は乾いてゆくが、親の涙は乾くことはない」という、かつて聞いた言い回しを思い出した。子を送らねばならなかったご両親の悲しみをあらためて想う。

夕刻、K家の納骨法要。法要終了後大阪へ帰られるという親戚の方のタクシーを呼ぶが、この雪のせいだろうか、かなりまたされるというので、寺の車で福井駅までお送りする。皆さんをお見送りしてやっと一息ついた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す