M家葬儀

フレックスタイム出勤の息子より一足先に駅に向かい、逆の路線で昨日の葬儀会場へ向かう。昨日から降り始めた雪がかなり積もっている。

一人で勤める葬儀で一番の問題は七条袈裟を着けるとき。葬儀社の女性スタッフに手伝ってもらい着用できた。

葬儀終了後、霊柩車の後をハイヤー、マイカーが続き火葬場へ。葬儀は神奈川県だったが、火葬場は東京。多摩川を渡りいわゆる多摩霊園の火葬場へ到着。多摩霊園は初めて訪れた。看板に50万基の墓地があると書いてある。運転手さんに問うと、もうあまり分譲する墓地は残っていないんではないですかねとの返事。ただ霊園の周囲には、墓石業者、墓参の人のための茶店・休憩所、法事の会席の料理屋さんなどたくさんの店が軒を並べている。

火屋勤行を勤めたあと、自分は一足先に同じハイヤーで葬儀会場に帰り、収骨を終えた皆さんが帰ってくるのを待つ。福井からの親戚のお一人が、会場に着かれた。聞けば、昨晩夜行バスで福井を出立。早朝に新宿に着く予定が雪のため大渋滞に巻き込まれ今やっと着きましたと。8時間ほどの遅れで、結局葬儀には間に合わず、還骨法要までに何とかたどり着かれたという次第。

午後3時半、還骨法要を終えて着替えを済ませ会場を後にした。幸いもうこの時間にはダイヤの乱れはなく予定どうり福井に帰着。

それにしても、四日間の間に関東二度往復とは、初めての体験。少しばかり疲れたかな?

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す