東北地方太平洋沖地震

3男が、すごい地震が東北で起こったようだと部屋まで教えに来てくれた。テレビのスイッチを入れる。たまたま北海道取材帰りのNHKのヘリコプターが仙台沖の津波を上空から捕らえ、そして名取川をさかのぼる様子、口にするのも恐ろしいほどの勢いで堤防を破り下流域の農村地帯を一気に飲みつくしながらどんどん遡上してゆく様子を映し出している。

決してCGなどではない。あの農家の建物の中に人がいるに違いないのに。これはただ事ではない。戦後日本人が経験したことのないほどの悲惨な災害になるのではとちらりと思う。

テレビの画面でその有様を見ている自分が実に冷酷な人間に思えてならない。

 

時がたてばたつほど、悲惨な災害であることが明らかになる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す