常例布教

常例(じょうれい)とは国語辞書的に言えば、いつも決まった習慣・ならわしということだが、浄土真宗の寺院で使う場合《常例法座》という意味になる。すなわち毎月日を決めて行われる定例法座のことである。よって常例布教とは、その定例法座での布教法話のこととなる。

今年初めにお約束していた、鯖江のJ願寺様の常例布教に赴く。ご住職は行信教校の後輩というか同窓生にあたる。そのご縁でお呼び下さったのだろうか。

本堂ではご住職の調声で正信偈のお勤めの声が聞こえ、そのあと真宗宗歌を皆さんで歌っておられる。少し驚いたのは、その伴奏にお琴が鳴っているのである。あとでご住職に聞いたところでは、ご門徒さんの琴をたしなまれる方が毎月すすんでこの法座の真宗宗歌と恩徳讃の伴奏を引き受けていてくださるという。

琴の伴奏の真宗宗歌と恩徳讃、なかなかいいものだった。

参詣の方の数が減少する傾向にある中で、ウィークデイの今日、たくさんの方のお参りがあった。また聞いて下さる方の反応もすこぶる感度のいいもので、こちらも乗せられる形でお取次ぎをさせていただくことが出来た。

これも日ごろのご住職のご教化の姿勢の賜物だろうとおもう。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す