こんな日もある

とてつもなく忙しい日となった。

午前8時過ぎ、K家の月参り。次に市内T町H家の17回忌法要が寺で勤められた。なお千福寺本堂横の階段のリフトは故人の使っておられた家庭用の昇降リフトをご遺族が寺に寄付して下さったものである。ご遺族も懐かしそうにおじいちゃんを思い出してそのことを語り合っておられた。

お勤め法話を終え、皆さんにはごゆっくりして下さいとご挨拶して、市内Y家の満中陰法要。帰山して急いで昼食を食べ、今度は越前市A町へ向かう。A町はかなり山手の方にあり、千福寺からは所要時間50分ほどかかった。雛川組(すうせんそ)の総代会総会研修会の法話出講である。約1時間、お取次ぎをして急いで帰山。

午後6時から、門徒会館にてS家の通夜。故人はかつて県立病院の整形外科部長までされた方である。50代で脳内出血を患われ、その後30年近いリハビリの人生を送ってこられた。付きっ切りで看病してこられた奥様のご苦労は並大抵のものではない。今晩もご遺族には最前列にお座りいただき一緒にお正信偈のお勤めをする。

そして今日は16日、親鸞聖人のご命日。つまり真宗教室の例会日。7時より本堂にてお正信偈の講座。足掛け4年かかったお正信偈もいよいよ最終章、源空上人の段になった。先月に引き続き源空章を一緒に読む。

皆さんをお見送りしてやっと一段落。最後の最後の仕上げは、通夜が終わったりんどうホールの葬儀の記録写真の撮影。りんどうホールがスタートして以来ほんの数軒の例外を除いて、ほぼ全件の葬儀壇の荘厳の記録写真を撮り残してきた。あらためて故人のご遺影をじっくり見させていただいた。お人柄のにじんだ、病気前のお健やかな笑顔のいい写真だと思った。全てが終わりホット一息ついたころには10時になろうかという時刻であった。

それにしても、こんな日もあると標題には記したが、正直言ってようこそ体が持ってくれたといいたいほど・・・・・・・・疲れました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す