アルコール依存症

午前中、市内H家の17回忌法要。残された兄弟お二人とも食べ物に関係する仕事に従事しておられる。亡きお父上の建てられたこの家を改築して、兄弟でそれぞれの商売が出来るようにならないか目下意見のすり合わせ中とのこと。まだまだクリアしなければならない問題がいくつかあり、すんなりとは行かないらしいがそうなったらいいですね。

午後、久しぶりにメトロ劇場へ。今日は日本映画『酔いがさめたらうちに帰ろう』

002001

戦場カメラマン

酔いがさめたらうちに帰ろう

戦場カメラマンとして地獄のような凄惨なシーンを撮り続けてきた原作者の鴨志田氏のアルコールへの逃避。人気漫画家・西原理恵子氏の元亭主との不思議な関わり。

アルコール依存症になってしまった元夫をかばうかのような妻の発言に対し、主治医は「それを見た!という人と、そこに暮らしてる!という人と、どっちが辛いですかね?」とずばり問い返す。このセリフ、大震災の惨状を報道する側と実際の被災者との関係をきっちり言い当てていると思った。

鴨志田氏に関することは少しばかりは聞き知っていたが、奥さんの西原理恵子氏については全く持ち合わせの情報はなく、かえってネットで検索して「はあーこんな人だったのか」と少しばかり知ったというような次第である。実は主役のお二人の俳優についても全く知らなかった。大健闘といっても過言ではない、そんないい映画だと思う。得した気分。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 映画 パーマリンク

コメントを残す