病名

体はかなり回復してきたように思う。医者に行って本日も点滴。この分なら明日の法要は何とか務められるだろう。結局法要のお荘厳の準備は全てY君、座敷やその他の準備は全て家人。自分のやったことといえば、一週間前に子供らと窓ガラス拭きをやったことぐらい。まことに申し訳ない。

夜になると子供等が順番に帰省してきた。東京の親戚住職と若院も本日から福井入りということで接待して差し上げるべきところだが体調がこうである旨をはなして勘弁してもらう。

人間というのは変なもので、病名がわかればそれだけである種の安心感をもつところがあるようだ。またネット時代ゆえ当然病名を聞いたら検索する。ははー、自分の病気はこれかとへんに納得してしまう。まあそれというのも、体調が順調に回復しているからだろうが。ドクターは、急性のうちにきちんと治しておきましょう、そうでないとその繰り返しを続けるうちに慢性化あるいは、その奥の腎臓炎にまでなるとやっかいですからと仰る。おとなしく指示に従い、よって子供たちは兄弟揃ったところで嬉しそうに缶ビールを空けているが親父は我慢・我慢。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す