布教使研修会

今日と明日の二日にわたって、福井教区布教団の研修会が開催される。午前中はいわゆる総会。会計報告・事業計画などの審議。午後はいよいよ研修と思いきや、講師が昨日からの大雨による被害で(北陸各地で被害続出)京都の宮津からの到着が1時間半以上遅れるとの発表があった。講師は本願寺派の住職にして京都新聞記者の三田氏。本願寺が末寺対象に発刊している『宗報』に何年も前から「こころ通信」というページを担当しておられる。現在は自坊のある京都新聞宮津支局長という肩書き。

本当に恐縮しながら講師の三田氏が登場。ご本人のせいではないにせよ、遅れたことは事実として謝罪から講義が始まった。新聞記者としてまた本願寺派の住職として今度の震災にどう向き合ってゆくのかということを自問し続けてこられたことがよく伝わってきた。

講義終了後懇親会の席もあるのだが、どうせ今のところはアルコールは飲めないので、そちらは欠席。

明日の午後、紹介をいただいて県立病院でMRIの検査を受けることになっている。検査のため明日は朝から絶飲・絶食を言い渡されている。せめてというわけで今夜はのんアルコールビールを喉に流し込みながらの夕食。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す