月別アーカイブ: 2011年6月

Blue Note  の Tシャツ

時々覗く大宰府のジャズクラブのオーナーのブログで知った、ユニクロ発 Blue Note の Tシャツ。先月福井のユニクロの前を通りがかってふと思い出して購入。何と定価1500円が900円に下がっていた。

財布と相談しながら数枚購入。

ムシムシと熱くなった今日この頃、Tシャツのシーズン到来というわけでお披露目。

2011年07月02日04時59分56秒_ページ_12011年07月02日04時59分56秒_ページ_2

IMG_0716[1]

なお、この  Something Else はジャズを聞く人は必ず通過する一種の関門のような作品。マイルスのミュートトランペットが実にかっこいい。

IPHONEのカメラで撮ってくれた家人いわく、「まだ腰が悪いからでしょうね、体がゆがんでいるわよ」

確かに。と言うわけでおニューのTシャツでカイロの治療院へ。

おかげさまで腰の具合もだいぶよくなりました。

このTシャツシリーズ、おいおい紹介してゆきます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ | コメントする

フィギアの妙好人

FacdBookはまだまだよう使いこなしていないのだが、たまに面白い記事にであう。今年福井から行信教校に進んで仏教をお勉強中のS寺さまのお嬢さん。(若い娘さんともFaceBookでお友達なのです、エヘン)

行信教校での面白い写真を投稿しておられたので、早速転写許可願いをメールで。どうぞどうぞのお返事をいただいたのでここにご紹介。

念仏せーよ

彼女のコメントによると、

「誰が書いてるかわからないんです(>_<)でも毎朝いるんです。」とのこと。

始業前にホワイトボードを拭く生徒さんの誰かが、毎朝書き換えているのだろうか?

でも「念仏せーよ」と呼びかけられたらその返事は、ただ一つ。

 

「はい、なんまんだぶ・なんまんだぶ」

 

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

楽聖ショパン

腰痛緩和のために、少しでも体を休めるべくじっとしていることの言い訳に、買い置いたDVDを見る。

images

デジタル処理されているということで音質もまあまあ、大昔の映画ではあるがそれなりに充分楽しめた。ショパンについては通り一遍の知識しか持ち合わせておらず、例によって検索・お勉強。大体伝記に忠実に作られた映画ではあるようだが、ジョルジュ・サンドとの出会いなどは実際とはかなりちがう?みたい。

CD多用の近年の映画より、落ち着いてみることができるので昔の映画は私には楽しめる。

音楽好きな母に「観ませんか」と勧める。最後まで一気に楽しんでいたようだ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 映画 | コメントする

川崎さん

いささか旧聞に属する話題。

先般の本願寺750回忌法要に参拝のバス車中で、当日の新聞を読んでおられたご門徒さんから、「あれっ!この人同じ千福寺の門徒さんじゃないですか」といわれて渡された新聞記事がこれ。

今庄のインターから乗り込んた川崎さん、取材は受けたからいつか掲載されるだろうとは思っておられただろうが、丁度本山参拝の当日とは本人もびっくり。

新聞記事を車中で回し読みしたあと、頂いて帰ってスキャンした。

自然を守るということの大変さをご本人からかねてから聞いていたが、そうした活動が新聞で取り上げられるということは、川崎さんの思いとしては自然に親しむにもルールを守ることが必要だと訴えることが出来るならそれなりに意義あることというスタンスではないかと、勝手に忖度する次第。(本人はかなり照れておられました)

平成23年6月12日 の中日新聞の記事

川崎氏

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

日曜講座

今日は第8期日曜講座の開催日。毎回受講生には葉書案内を出すのだが、「はらから」の編集・腰痛・鹿児島の法事と頭の中がグチャグチャ状態で、週初めに出すはずの案内状を出し忘れていた。(天○先生のことを責められませんな)。

坊守が先週金曜日、全ての受講生の家に電話で今日のことを報知してくれてあったので通知は徹底していた。それどころか今日になっての新しい受講生も。

お勉強の後は、受講生のKさんの妹さん(つくば在住)からお送りいただいたスイカをいただきながらの茶話会。ユーモアたっぷりのKさんは「実家にも送ってこないのに、お寺へは送るんだ、あの子は」と皆を笑わせる。

皆さんをお送りしていよいよ、超ハードな法務の1日が始まる。

今日の法事は全て福井市内。まずK家の一周忌法要。これはお寺にて。法話のあと挨拶して次はT家の一周忌。午後B町のI家、33回忌。最近養子にこられたお婿さんも一緒に参列。家の跡継ぎのことなど中々皆さんご苦労しておられる昨今、ようこそご養子にきてくださいました、養子同盟作りましょうか?と笑いながら。

最後は八百屋さんのT家。T家の仏間は2階だが着替えの部屋を3階に用意して下さってあった。階段の上り降りのしんどいこと。無論Tさんは私の腰痛のことなど知らない。何とかお勤めと法話を終えることが出来はしたものの、立ち上がるのにひどく手間取っていたら、息子さんがたくましい腕を差し伸べてくれて引っ張りあげた立たせてくれた。

お世話かけました。なんとかハードな一日を生き延びて(笑い)無事帰山。

大河ドラマを見ながら眠り込んでしまった。よって利休の切腹の顛末を見ず仕舞い。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする