老人ホーム布教そして福井新聞社へ

定例の老人ホームT苑の法話会布教。先月・先々月と都合がつかず他の布教使さんにお願いしたので3ヶ月ぶり。初めてのお顔の方があったので(そう思えた)、初めての方は手を上げて下さいますかとお願いしたらどなたも手を挙げられない。3ヶ月ぶりだから、新しい方もいらっしゃるにちがいないというこちらの思い込みから来る記憶違いなのか。

この春からこの施設の事務長さんが代わられた。新しい事務長さんと少しばかりお話ししたが、かなりの歴史好きでいらっしゃる。京極高次(お初の主人)の菩提寺など自分の足で回ってこられたことなど話される。

T苑の布教を終わって福井新聞社へ。

8月21日の『お説教とジャズの午後』ポスターを持参して、福井新聞社の後援申請。今回は白井淳夫さんはじめメンバーの皆さんのご協力により、東日本震災復興支援チャリティコンサートと銘打っている。

サンプルポスターなので下段に「後援 福井新聞社」のクレジットを入れて印刷したものを提示したが、受付の方は「かまいませんよ、2週間ほどのちに後援受諾の葉書をお届けします」とあっさりしたもの。

 

2011jazzposter_A3

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ パーマリンク

コメントを残す