関東のご門徒廻り (3)

ホテルを引き払って、横浜へ向かう。地下鉄半蔵門線が私鉄との相互乗り入れでJR横浜線の長津田まで直行。これは実に便利。半蔵門駅で座れたのでそのまま終点まで。乗り換えて緑区のK家まで。駅まで迎えに来てもらわなくても、Iphone のマップ機能をナビ代わりにK家に到着。ただし、この暑さ、朝着替えて出立したにもかかわらず上半身は汗だく。

Kさんはこの訪問をこころから喜んでくださり、おつとめ前にひとしきり話し込む。お勤め済んでからこんどは手作りの肴で一杯。今年米寿を迎えられるKさん、何度もこのブログで紹介してきたが、佐竹本三十六歌仙の扇面図を完成され千福寺に寄贈された。この夏、横浜でその下絵ともいうべき線画展を開催され、たくさんの来訪があったそうだ。来年春には福井県立市美術館で、三十六歌仙を開催される。とても米寿とは思われない張りのあるこえでその計画を話されるその口から、「妻に先立たれたことはどうしようもなく寂しいですが、でも仏様になった妻が後押しし支えてくれて三十六歌仙図も完成して、いよいよ福井市でも発表の場がもてるとは、本当に私は幸せ者です」とお念仏が漏れる。

作品完成の折、写真集の私家本を作り贈呈したのだが、その写真をこのブログに公開してもいいですかとお尋ねすると、間髪いれずに同意してくださった。なるべく近日中にホームページのアルバムに掲載してみなさんに見ていただこうと思う。

昨秋挙式した長男の家を訪ねる。一昨日からここで厄介になっていた3男と、長男夫婦とで数日早いがその誕生祝をかねて焼き鳥屋さんで一杯。

こうしてみると三晩連続でアルコールを胃に注ぎ込んだことになる。まあ、今日は特別という理屈をつけて・・・・。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す