親鸞聖人750回大遠忌法要

5時半に宿を出発、本山お朝事参拝。大多数のご門徒さんたちも参拝された。スケジュール的にあまり余裕がなく、宿に帰ってすぐ朝食。それでもあわただしいという感覚ではない。

いよいよ親鸞聖人750回大遠忌法要。自分としては個人参拝も含めると4回目となるが、なにせ50年に一度の正しくご勝縁。法要に出仕されるお寺さん方も地方の住職を務めながら何度も何度も出仕されておられる方もある。

今日の出仕の法中の中に、同じ福井組のs護寺様のお姿も見えた。そのお隣には新潟のZ泉様も。そういえば6月の団体参拝のときにはご門徒さんを引率して上山してなおかつ出仕もしておられた。FACEBOOKでその出仕のご様子を拝見しているので、これで何回目でいらっしゃるのかと頭が下がる。

何と言っても音楽法要が素晴らしい。後半、和讃・念仏のパートに入ると楽が加わり厭がおうにも宗教的な雰囲気が高まる。洋楽と雅楽の見事な融合だとすら思う。まあ周りの誰にも気づかれることはなかったが、こみ上げる感激のあまり、声が詰まってしまうこともあった。そんなときは声を出さずに御堂に響き渡る雅楽と内陣出仕の法中方、そして御堂を埋め尽くした全国のご門徒さんがたの唱和に身を浸して一人親鸞聖人のこの大法要に参列できたことの幸せを静に噛みしめるに限る。

このブログをお読みくださっていご門徒さんでまだこの法要のご縁にあっておられない方へは、是非とも個人参拝の形で京都まで足をお運びいただくことを強くお勧めしたい。

そういえば、千福寺の今庄のご門徒、窪田さん(実名で御免なさい)。すでに6月に参拝されていたにも拘わらず、本日、個人参拝の形でお参りになっていた。千福寺門徒二回目参拝日の今日にあわせてわざわざ再び京都に自ら足を運んでこられたのだろう。本当に尊いことだと思う。

法要後帰敬式。千福寺からは5名の方が受式。記念にお揃いの記念写真。カメラが法務員のY君のものだったので、写真アップは後日ということで。

お土産などの途中での買い物時間もとり、福井帰着は午後7時。体調を崩す人もなく全員元気で福井帰着。皆様本当に尊いご縁に遇えましたね。お疲れ様でした。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク
  1. 越前の農家 のコメント:

    父が団体参拝に参加させていただきました。

    私どもは農家です。
    乾燥機の容量によって、1日の刈り取り量が決まります。

    ですが、早朝から露を落として、どんどん稲を刈り、
    乾燥機に入る籾の容量の、その倍ほどの田を刈りました。

    乾燥機に入らない籾は、
    地面に広げ、蒸さらないよう手で掻き混ぜます。

    乾燥したら、組立式の籾枠にストックし、
    今度は、乾燥機に入りきらなかった籾を
    箕(み)ですくっては、乾燥機に入れます。

    そして、籾摺り、玄米を30Kgに袋詰め等々、
    連日、早朝から日付が変わるまでの作業でした。

    父は、口に出して言いはしませんでしたが、
    そんな忙しい思いまでしても、
    ご住職と一緒に参拝したかったようです。

    ですから、家族も皆、
    知らん振りをして、父のペースに合わせて手伝いました。

    この収穫期に、2日間も家を空けるとなると、
    農家にとっては、非常に大きなリスクとなります。

    ですが、誰一人、「疲れた」と、やけになることもなく、
    逆に、阿弥陀さまのお心を「有り難い」と味わえる身に
    育ててくださったこのご縁を、喜ばせていただいた日々でした。

    来月は、そんな父に留守を預け、
    家族で個人参拝させていただく予定です。

    ちょうど、南座(京都)の「十月大歌舞伎」では、
    法然上人八百年大遠忌を記念して、法然上人のご遺徳を偲ぶ
    新作歌舞伎『法然上人(仮題)』が上演されます。

    その観覧も併せて、
    1泊2日で50年に一度のご勝縁に遇ってきます。

    ご本山へ事前に申し込み、ブログでご紹介くださったように、
    午前5時30分の開門を待って、お晨朝から参拝させていただきます。

    今から楽しみでなりません。
    ご住職も、どうぞ、お疲れが出ませんように。

    • senpuku のコメント:

      「越前の農家」様。本当に胸を打つコメント、ありがとうございました。これほどの思いを込めて参拝される皆さんのお気持ちがあのご影堂に響き渡る「親鸞聖人讃仰作法」の唱和となっているのですね。感動させられるのも故あることなのですね。
      お父様、お手次ぎのご住職と一緒にお参りできたこと、きっとご家族にも胸のうちで感謝しておられることでしょう。
      親鸞聖人のご影に額づき、心ゆくまでお念仏申してきて下さいませ。

  2. てんびんばかり のコメント:

    今帰って参りました。

    全く同じ生体反応あり。私はそのまんま、できる限りの声で勤めさせて頂きました。そして、最後の御消息を静かにしっかりと味あわさせて頂きました。
    35座目指します。

    • senpuku のコメント:

      そうですか。35座出仕目標とはただただ頭が下がります。
      余計な話かもしれませんが、ご門徒の皆さんにも知って置いていただきたいのは、出仕したからといって交通費や特別のお礼が本山から出るわけではなく、どこまでもご報謝の思いで地方からはるばる御開山様の膝元に駆けつけて下さっておられるのですよね。
      ご自坊の法務(越前はすでに報恩講廻りの激務がはじまりましたね)との調整・体調の管理等ご留意の上、目標完遂されますことを念じます。
      そうそう、もう一つのコメントを下さった「越前の農家」さんは「てんびんばかり」さんのご縁の方ですよね。ご住職と一緒に何としてもお参りしたかったというお気持ち、これにもジーンときました。

コメントを残す