墓参り

前住職の命日。夕刻、家族で墓参。この時間でもまだまだ残暑厳しく、斜めに差す日がそれでもきつい。

お花を替え、線香をたき、型どうりの墓参。まあ一般のご門徒と違う点があるとすれば、阿弥陀経の拝読はそれなりに全員が読誦できるくらいにはなっているので声を揃えて一緒にお勤めできることかな。

ふと、思い出したのは、先月亡くなられた丸岡町のF家の皆さんのこと。枕経に居合わせた全員が住職と一緒に阿弥陀経のお勤めをされた。

家族揃ってお勤めする、あるいはお勤めできること、それだけで何か心が一つになったようでありがたいと思う。

読経中には写真を撮れないので、お参りが終わってからの写真。あっ、こいつ(メリル)も家族だけど、こいつはお経は読めなかったな(笑い)。今度生まれてくるときは、お経に会える身(人間)に生まれておいで。

DSC_0166

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す