テンペスト

ベートーベンのピアノソナタ「テンペスト」の第3楽章は好きな楽曲で、若い頃繰り返し聞いた。何かで読んだ記憶なので正確ではないかもしれないが、この3楽章を聞いたベートーベンの友人が、このソナタに曲名をつけるとすればどんな名前をつけるのか?と問われて、それを知りたければシェークスピアの「テンペスト」を読めといったというところから、「テンペスト」と呼ばれるようになったとか。(間違っていたら、どなたか教えて下さい)

自分はその原典、シェークスピアの「テンペスト」は今だ読んでいない。そのシェークスピアのテンペストがメトロ劇場で上映されている。法務の空いた今日夏休み帰省中の3男を伴って映画館へ。

シェークスピアの偉大さ、後世に与えた影響力の大きさは計り知れないものがあるのだろうが、直接は原典に触れていなくとも、映画でその面白さを知ったという人は少なくないと思う。自分が高校生のとき観た「ロミオとジュリエット」近年ではアル・パシーノが好演した「ベニスの商人」などである。

あいにくながら「テンペスト」で検索かけると、先般テレビ放映された仲間由紀絵の「テンペスト」が真っ先にヒットする。シェークスピア先生も苦笑いではないかな。

映画はシェークスピアものらしく、大仰なセリフで埋め尽くされているのだが、その言葉の端端に駄洒落らしきものが埋め込まれている(ようだ)。字幕担当の翻訳者もかなり苦労されたのではないかと思われる。

駄洒落大好き人間としては、シェークスピア先生の本領発揮の部分がビンビンわかれば腹を抱えて笑う場面がかなりあるのだろうが、残念ながらそこまでの語学力がない。せいぜい字幕をみて、想像するのみ。

tempest_ページ_1tempest_ページ_2

文学部に進学した3男は、文学部の特権を享受して本を読むことと映画を観ることは大好きになったようで、この「テンペスト」もそれなりに楽しんだようす。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 映画 パーマリンク

コメントを残す