お客様

広島の遠縁にあたる寺の子供さんが、来春大学院を卒業して帰省することになるのでその前に福井を訪問したいとのこと。同じ大学に学ぶ2男のお友達でもあり、案内役を買って出る。運転免許は持っているものの、実際の運転暦は短い息子に案内を任せて万が一のことがあってはもうしわけない。

福井滞在の時間の制限もあるので、今日と明日の二日間でどこを案内するか、思案のしどころ。

今日の午後は永平寺と勝山平泉寺。いずれも他宗の寺院と寺院跡ではあるが、福井では一応代表的な案内箇所である。

両所とも自分にとっては久しぶりの訪問地。永平寺では開山、道元禅師のご命日の週にあたり、「報恩講」が勤まっていた。どうりで山中の建物に幕が張り巡らされている。ちなみに道元禅師の命日は旧暦8月28日、太陽暦で9月29日。そのご縁もあってだろうか、全国からの檀家さんを連れられたご住職方の姿が多く見受けられ、また法堂での勤行中のお堂に参拝することも許され、厳粛な禅宗の法要を垣間見ることが出来た。

DSC_0215DSC_0206

勝山平泉寺も久しぶりの訪問。時節柄か苔の鮮やかさはもう一つの感。それでも静寂の中に身を置き、一向一揆の古に思いを馳せることが出来た。

DSC_0227DSC_0226

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す