福井市老人福祉大会

午後、福井市老人クラブ連合会主催による、上記「福井市老人福祉大会」で、法話と演奏の仕事。昨年、拙寺隣接の福井市宝永公民館にて法話のご縁をいただいたことがきっかけで、今度は福井市の老人福祉大会での要請をいただいた。今までも一緒に仕事のお付き合いをお願いしてきた瀬戸さんにキーボードををお願いしてあった。

ジャズの演奏の合間に法話を挟むのか、法話の合間にジャズの演奏を挟むのか、そんなことに悩んでも拉致はあかない。法話2/3・演奏1/3の時間配分で臨む。主催者からのリクエストで、「北国の春」と「ふるさと」を会場の皆さんと一緒に歌うということで、歌詞は当日のパンフレットに印刷済みであった。

会場はキャパ600人。その2/3が埋まっていた。

話は前後するが、ベースは今回はアップライトベースを持参。

コントラバスと国産アップライトベース寸法比較

自分の楽器は写真の中央の黒のボディのやつ。(たまたまネットで自分の楽器の写真が載っていた。このほか実に多種のアップライトベースが販売されている)

「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」を続けて演奏したあと法話。その他ジャズらしい、オスカーピーターソンの小曲。もう一曲ジャズのスタンダード中のスタンダード「枯葉」を演ろうかとおもっていたのだが、直前になって、この年代の方ならごぞんの方も多いのではと「すずかけの道」(灰田勝彦 歌)に変更。

終了後、ロビーで千福寺の真宗教室の通っておられるOさんとであった。この老人会の役員をしておられるようだ。「すすかけの道、よかったですわ」と喜んで頂いた。

音響のセッティングの時間が全く無く、ぶっつけ本番になったので、その点がすこしばかり心残り。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, ジャズ パーマリンク

コメントを残す