MRI

空言戯言日記(ソラゴト・タワゴト日記=このブログのこと)に自分の健康状態を書くと、読んで下さる方に必要以上の気遣いをさせてしまうこともあるだろうからあまりその方面のことは控えるのがいいのだろうが、腰痛についてはすでに何度もここに書いたことでもあり、読んでいてくださる方にとってはいまさらながらのことでもあり、報告がてら記しておこうと思う。

若い頃からの腰痛持ちであり、近年は一年に何度も腰痛に悩まされてきたこともあり、この際きちんと検査を受けておいたほうがいいというアドバイスに従って本日、お世話になっている整形外科医院を通じて予約してあった県立病院でのMRI検査に出向いた。

県立病院での検査結果の写真をもって整形外科に赴き診断を仰ぐ。結果は、やはり椎間板ヘルニア。それもかなり進行した状態。まあこれくらい進んでいたら、足指と足裏の痺れも原因はこれだといって間違いないでしょうとのこと。

不思議なもので、人間は病名が明らかになればかえって安心するという傾向があるようだ。悩まされ続けてきた腰痛の原因が精密なMRI検査の結果やはり椎間板ヘルニアからくるものだったという、きわめて順当な結果であっても、それなりに気分は落ち着くものだ。

緊急を要するものではないが、手術も視野に入れておかれたらどうですかとドクターのご意見。まあ腰痛からスカッと解放されるなら当然それも考えます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す