報恩講ご満座

ご縁十時よりいよいよ報恩講御満座。阿弥陀経作法で勤まるので、お参りの皆さんにもその旨お伝えし、一緒に仏説阿弥陀経を拝読する。お勤めのあと、ご俗姓拝読。文珠先生の元気一杯のご法話を聴聞し、お参りの皆さんと恩徳讃を唱和して今年の報恩講も無事終わった。

台所当番は今年は丸岡地区の皆さんのご報謝。帳場の上口さん、松浦さん、三日間のご報謝本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。

来年4月の千福寺における、親鸞聖人750回大遠忌法要のために準備した音楽法要の聖典とCDは200部以上がさばけた。持ち帰ってくださった皆さん、ご自宅で練習しておいてくださいませ。

本堂のあと片付けのさい、お内陣親鸞聖人のお軸をはずした。来年の法要に備えて、お煤払と表具装丁修理のために京都の絵表所にお送りするためである。半年間、祖師前のお姿が留守になる。

今年も無事、親鸞聖人報恩講を3日間にわたり勤めることが出来たこと、皆様とともに喜ばせて頂きましょう。ありがとうございました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す