H円寺様報恩講

日中・逮夜とお付き合いのあるH円寺様の報恩講に出仕。H円寺様はご自身が雅楽をされることもあり、雅楽のお仲間寺院の報恩講にはお互いが楽人として出仕されていると聞く。そしてH円寺様の報恩講にはそのお仲間が法要に色を添えるならぬ楽を添えておられ、その中に先日、親鸞聖人750回大遠忌法要、庫裏門徒会館落成法要を勤修されたばかりのZ応寺住職のお顔も見えた。

日中の法要が終わったところで、楽人さんの控え室に出向きお礼とご挨拶。

一旦帰山して市内F家の報恩講に出向く。F家は長年にわたって食堂を経営しておられたが、先年店をたたまれた。当主は昨年亡くなった千福寺の前住職と中学時代の同級生。なにかと懐かしい思い出を語って下さる。本来なら今日はデイサービスの日だったが、報恩講のお勤めがあるというので、そちらの方はパスして待っていて下さった。

IMG_0953[1]

車椅子のFさんと奥様との記念撮影。

お勤めのあと、ご子息夫妻に来年の「日曜講座」のお誘い。「わかりました」との嬉しい返事をいただいた。

午後再びH円寺様へ。お逮夜の法要出仕。

帰山して、来月の「行信講座」案内状の発送にかかっておられた支部長の窪田さんのお手伝い。それにしても支部長さんのお仕事の手際のよさ。案内状・封筒宛名書き・返信用葉書とその文面、すべて一人で準備してこられた。本当に頭が下がります。

そうそう、昨年の行信講座を受講された方には、天岸先生の講義記録のCDを同封します。復習して12月の講座に臨んでください。受講生以外の方で講義録CDをご希望の方には有償でお分けしましょうかなどと支部長さんと相談。

12

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す