報恩講廻りにて

午前中、3軒の報恩講を勤める。グリーンハイツのK家。Kさんは中華料理店を経営。昨年店を移転してリニューアルした。「お客さんの入りはどうですか?」と水を向けると、「移転して席数を増やして正解でした。客席が増えた分、今までのお客さんが家族を連れて食べにきてくれるようになりました。費用をかけて(投資して)今までと同じでは何のための移転リニューアルかわからないですし、減ったのでは悲惨ですもんね」

2軒目のW家。ご主人は大学の先生。奥様は英語教育のスペシャリスト。お子様二人は英語と日本語のバイリンガル。奥様は関西出身でご両親のお育てのおかげで親鸞聖人の教えに深く傾倒しておられ、こうしてお参りするとお念仏の話でついつい時間が超過しがち。語学教育のプロについてもう一度英語を話せるようになりたいとしきりに思う。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す