葬儀と報恩講廻り

午前十時、市内葬儀会館にてU家葬儀。この葬儀と重なったために手伝いに昨晩帰省した次男は、U法務員と今庄へ。今庄のA地区には9軒のご門徒がある。そのうちの8軒を廻ってもらうことにした。

自分はU家の葬儀を終えて武生(越前市)S家の報恩講を勤める。帰山したのは午後一時過ぎ。昼食を終えまもなくU家の皆さんが納骨法要に見えた。喪主は龍谷大学卒業後龍谷大学で講師を勤められた経歴をお持ちで現在静岡大学教授(経済学)。

例によってご家族お揃いの写真をパチリ。一緒にお参りの赤ちゃんがあんまりかわいかったので・・・・。

DSC_0350DSC_0352

皆さんにご挨拶し自分は今庄へ向かう。事故などによる渋滞のないことを念じつつ高速道路のゲートを通過。幸いすんなりと今庄インターを降りることができた。この時間までこの地区の報恩講を勤めてくれていた次男とバトンタッチの形であとを引き継ぐ。次男は今庄の駅から直接京都へ帰っていった。

夜7時、在所の皆さんが道場であるK家に集まられて総報恩講(そうぼんこう)。一緒にお正信偈、御伝鈔拝読、法話。一通り終わったところで、皆さんとしばらく懇談。今庄を後にしたのは午後9時。この地区の報恩講が最後の山。今年はあと数軒残すのみ。

子供たちに助けられて今年も何とか報恩講廻りを勤めることができた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す