年頭参り・新年会

午前十時、本堂にて年頭参りのお勤め。例年の事ながら、新年早々本堂に響き渡るお正信偈の唱和の声に胸が熱くなる。4人の若院たちも出仕。和讃を親子五人の巡讃(順ぐりにご和讃を発声する)でお勤めできるのはあと何年だろうか。

 

DSC_0422DSC_0423DSC_0424DSC_0425DSC_0426DSC_0427DSC_0428DSC_0430DSC_0431DSC_0433

 

住職と4人の若院挨拶。続いて総代細野さんから一言。4月に勤修する親鸞聖人750回忌法要に触れて、沢山のお参りを促して下さった。

本堂から会館に移動して新年会。乾杯の音頭を今年の年女?つるき蕎麦の小林さんにお願いした。今でもお店に出て、元気に電話の応対をしておられる。

DSC_0438

各テーブルごとのスナップ。

DSC_0441DSC_0442DSC_0443DSC_0445DSC_0446DSC_0448DSC_0450DSC_0451DSC_0454DSC_0455DSC_0457

こんなほほえましい一枚も。

DSC_0463

恒例の福引。抽選箱を持ってテーブルを回るのは日曜学校のHちゃん。

DSC_0461

さて今年は何が当たったかな?

DSC_0477DSC_0478DSC_0479DSC_0480DSC_0481DSC_0482DSC_0483DSC_0484DSC_0485DSC_0486DSC_0487DSC_0488DSC_0489DSC_0490DSC_0491DSC_0492DSC_0493DSC_0494DSC_0495DSC_0496DSC_0497DSC_0500DSC_0502

景品提供して下さった皆様、ご協力有難うございました。いくつになっても福引は楽しいものだ。

今年もNさんのおばあちゃんとのツーショット。ようこそお参り下さいました。

DSC_0503

そしてこの頃には住職もかなり出来上がっていた。

DSC_0504

夜、長男夫婦と次男が関東と京都へ帰っていった。それぞれの地でまた頑張ってくれることだろう。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す