パソコンの調子が

過去帳や現在張(門信徒名簿)は一応『紙』の媒体すなわちいわゆる「過去帳」等で保管してあるのだが、同時にパソコンでも管理している。ことに現在帳(門信徒名簿)のパソコンデータは各種案内状の宛名書きにはもうなくてはならないものである。

昨年お亡くなりになられた方のうち、世帯主の方のお名前を書き換えておくという作業を始めたのはいいが、どうもパソコンのネットワークの調子がわるく、二台のパソコンのデータのやりとりが不安定だ。そのうちつながらなくなった。なんだこりゃと思っているうちにインターネットにもつながらないことがわかった。正月に帰省した長男が新しい無線Lanを設置してくれたのだが、てっきりこいつが悪さしているのではといろいろいじってみる。そのうち、「新しいIPアドレスを入力してください」というメッセージが画面に出るようになった。こうなるともう自分にはお手上げ。やむなくデータ入力作業をいったん中止。今日はもう遅いので明日でもSOSを発信し息子に尋ねて助けてもうことにする。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す