G寺様4日目

今朝もホテル周辺、佐賀城址公園をウオーキング。昨日からこのホテルに禅宗のお坊さん方の姿が目についているのだが、どうもこのホテルで披露宴があるらしい。今朝の朝食の際も親子連れの作務衣のお坊さん。自分は椅子に座っての食事だがこのかたは椅子の座面に正座。小柄な方だから出来ることかなとも思う。

今日も歩いてG寺様へ向かう。お浄土、阿弥陀様、お釈迦さまその関係は?など基本的なことを導入として、お浄土があるかないかの問いは意味を持たないということなどをお取次ぎ。

講師の控え室を総代のK様がお菓子を携えて訪ねてくださった。

K様は佐賀の和菓子の老舗「北島」の会長。「北島」は佐賀では知らない人がないほどの、銘菓「まるぼうろ」を製造販売している会社だそうだ。デパチカにも出店しているとのこと。

職人さんが今年の干支にちなんだ「辰」の和菓子を作りましたので、ご講師さんにも食べていただこうと思って持参しましたと開けて見せてくださった。

IMG_1154

手の込んだまさに作品といって良いほどのできばえ。K様が仰るには、尻尾の先までちゃんと餡が詰まっていますと。食べるのがもったいないほど。

IMG_1159

確かに尻尾の先まで餡がしっかりと詰まっていました。

 

お昼のお斎をいただいたあと、前住職ご夫妻としばらく話し込む。G寺様をあとに、今日も歩いてホテルへ家帰る途中、佐賀城公園内に再建された佐賀城の館を見学。

IMG_1148IMG_1141

現在では歴史博物館として一般開放されている。ちょうど今日は詩吟愛好グループの発表会が開催されていて、各グループが次々を日ごろの鍛錬の成果を披露していた。

ホテルに帰りシャワー。一休みして鹿児島の母校の先輩からのお誘いで夕食をご一緒する。実はこの先輩とはちょうど一回り違う。佐賀大学に奉職され定年退官後大学の一角?に研究所をたてて研究生活を送っておられる。ご専門は電池。電池にもさまざまな種類があり、また新しいものも開発されつつあるらしいが、今のわれわれの生活にはもうなくてはならないものになっている。ノートパソコン・ゲーム機械、携帯電話など挙げればきりがないほど。そしてまたエコカーにも欠かせない。しばらくその方面のお話を興味深くうかがっていたのだが、先輩がおっしゃるには、一緒にお酒を付き合ってくれるノンベーがきてくれただけで嬉しい、さあ飲もう!とどんどんメートルが上がって、気がつけば一合のお銚子が10本以上からになっていた。

断っておくが自分が飲んだのは、生ビール二杯と先輩にお付き合いしていただいた日本酒二合ほど。(言い訳がましく聞こえるかも知れないがホンマナンデス)かなりご機嫌になられたところで、一応今日はお開きにしましょうということで、ホテルまでタクシーで送っていただいた。

時計を見るとまだ8時半。雰囲気のあるホテルのバーラウンジ。このまま部屋で眠るのはもったいない、ということでジントニックとハイボールを飲む。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す