僧侶研修会

午後、所属する福井組の住職研修会が開催された。講師は若狭組のY氏。講師は差別の問題と同朋運動の歴史についての細かいレジュメを用意して下さっている。一通りの講義が終わって話し合い。部落差別に限らず、このたびの原発事故による福島県民に対する放射能汚染の差別など、我々の無知と無明から起こる差別は後をたたない。またコンピューターの発達による情報伝達のスピードの速さとその量に翻弄されながら、情報選択を誤った結果あらたな差別と偏見をを引き起こしていないかなど、点検しなければならないことは山ほどある。人間は愚かなものであるという視点を見失わず、それと対峙し続けなければならないと思う。

今年初めての顔合わせでもあり、研修会終了の後は懇親新年会。

出席者も多く、話が弾みそこここでお酒を酌み交わしあう。

お開きの後、久しぶりにジャズクラブシライハウスに向かう。他のお客さんはなく、カウンターでマスター、バーテンダー氏と四方山話。

そういえば、来月5日の「お説教と蕎麦会」、白井さんが楽器抱えて遊びに来てくれることになった。ここで書いてしまってはサプライズにはならないが、お説教とマジックショーとジャズ演奏。贅沢な時間が過ごせますよ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す