ソウル二日目

ベッドからでて部屋の外を眺めると何と眼下にお寺らしき建物が見える。散歩がてら行ってみようと精一杯着込んでホテルを出る。やはりお寺だった。韓国の仏教は曹渓宗と聞いている。外は半端な寒さではない。早朝から熱心な信者の方々がお参りされ、僧侶の読経にあわせて一緒に読経したりあるいは礼拝をしておられる。20分ほど座ってお参りしていたのだが、少し暖房が効いているとはいえ、体が冷え込で来る。

DSC_0010DSC_0011

境内の一角に売店があり覗いてみるとお経や念珠など売っている。日本風の念珠に作り変えようと数本を購入。

朝食後、迎えのワゴン車にて「統一展望台」へ向かう。車でソウルから北へ約一時間。ガイドさんの話では今日はより一層冷え込んで零下20度近いらしい。この寒さでも韓国の自動車はスタッドレスタイヤを使わない。一度除雪してしまえば雪がその後降らない限り道路は滑らないということなのだろうか。逆に少し雪が道路に積もっただけで交通は大混乱を引き起こすらしい。

実際バスも乗用車もスタッドレスを履いていない。そして高速道路をバンバン飛ばすのである。

一層の冷え込みもあり、統一展望台からみるイムジン川と北朝鮮側の景色はまさに氷の世界だ。

DSC_0022DSC_0023DSC_0029DSC_0027DSC_0028

ガイドから国境警備、板門店の話は聞かされたがもう一つ実感を伴ってこない。申し訳ないことに当事者ではないゆえだろうが、南北に分断された朝鮮半島の人々の苦悩に思いを寄せながら、展望台のビデオを観せてもらいまた統一の悲願に思いをはせる。ここは対立する国家の国境であると緊張させられたのは軍用ヘリコプターがこの非戦闘地域の上空を監視のためだろうか飛び去っていったときである。

DSC_0026

昼食の後、ソウルに引き返す。ソウル国立博物館。何度かソウルを訪れている同行のT氏の話では、この建物が建つ前の国立博物館に、かつて大谷探検隊が招来したシルクロードの文物も収蔵されていたとのことであるが、残念ながらそれは今回は見ることは出来なかった。

それにしてもこれだけのスケールの博物館を建てすべて無料で開放しているということに感心した。勢いある国の意気込みのようなものを感じる。

あまり時間が取れないので、東アジア関係の展示室を中心に回った。

インド・シルクロードの仏教関係の展示。

DSC_0042DSC_0046DSC_0049DSC_0053DSC_0056DSC_0060

時間が当然足りない。売店で収蔵物の図録を購入しようと思い尋ねるとちゃんと日本語版もあるという。購入してからバスに乗り、次はこれも観光コースに欠かせない免税店でのお買い物。

といっても、あまり自分には縁が(円?)がない。ここも韓国の勢いを感じさせる場所だった。一つのビルの全フロアがいわゆるブランド品の店で埋め尽くされている。この類の大きな免税店がソウル市内にいくつもあるということだ。また驚いたのはその店内各フロアがお客でごった返していること。日本人と中国人のみ。どっちが多いかは判断がつきかねる。

ホテルに帰り、一休み。迎えのワゴン車が来て食事の場所に案内してくれる。

IMG_1243[1]

今晩は「韓国宮廷料理」なるものをいただけるそうだ。ただ店は日本で言ういわゆる「居酒屋」風。韓国通のT氏の「チャングムの誓い」の解説

つき(笑い)。関心をもって韓流ドラマを観ておられるだけに、しかしその薀蓄はかなりのものと拝察。

なぜか食後、カジノへ行こうということになった。もうギャンブルから足を洗って(といっても、パチンコをしなくなって30年ということだけの話だが)久しいのであまり関心がないのだが、行くなら自分はジャズクラブへ一人ででも行きたいとガイドに問うと、タクシーで30分以上行けばライブの店があるというので結局あきらめた。ただ好奇心だけは人並みにあるので、カジノへ一度足を踏み入れてみるのも悪くないかと思い直してついていった。

想像とは違う、つまり007で観たカジノとは異なり、庶民的といえばそうだが、あまり格調高い空間ではなかった。ルーレットやカードのゲームもあるのだが、ルールを知らない者がのこのこ出て行って勝てるはずもないことは言うまでもない。

IMG_1245[1]

スロットマシンで少しばかり時間つぶしをしてタクシーでホテルへ先に帰った。

ホテル近辺を探索がてら散歩し、喫茶店でホットチョコレートを飲む。

IMG_1246[1]

明日は4時半にモーニングコールということなので久しぶりに10時過ぎにはベッドに入る。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す