帰国

午前4時半、モーニングコールで起こされる。チェックアウトして午後5時ホテルを後に飛行場に向かう。9時の飛行機の出発までには十分すぎる時間の余裕をみてある。仁川空港まで車で1時間で行くのだが事故等に巻き込まれてもフライトに遅れないための措置だとガイド氏はいう。空港近くのお土産店兼韓国料理のレストランで朝食。

仁川空港での出国手続きの場面で驚いたこと。ひろーいひろーいその手続きのための空間が出国の人でいっぱいなのだ。しかも時間は午前7時前。仁川空港の国際ハブ空港としての一面をまざまざと見せられた。

ここでガイド氏とお別れ。出国手続きが終わるとそこはまたしても免税店のアーケード街。出発までにかなりの時間があるがもう買い物はない(お金も)。

帰途は1時間15分のフライト。座席につけられた液晶テレビで映画を見る時間もない。無事小松空港着。機内放送で小松の気温はマイナス一℃と放送があったが、いざ到着してみると韓国の寒さを体験した身には春が近づいているのかなと感じるくらいの寒さの感じ。

同行のT氏の車に便乗させていただきお昼には自宅着。

朝が早かった分、強い眠気に襲われた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す