大変!

今朝起きたら、境内の納骨堂が大変なことになっていた。昨日来の強風、少なくとも夕方まではすっくと立っていた納骨堂の相輪が根元から折れて、納骨堂の屋根の上に横たわっていた。納骨堂周りは、この法要の境内整備の一環として御影石を敷き詰める工事の最終仕上げ段階である。

かろうじて屋根の上に乗っかったまではあるが、その重量で屋根をいためてしまっている。

とにかく本堂から写真を撮り、保険会社に連絡をいれ、本堂屋根修復で世話になったご門徒のA住建さんへ電話。あちこちのお得意さんから昨日の大風の被害で呼び出しがかかっておられるようだったがお昼ごろに時間を作ってきてくれた。

屋根に上がってみてもらったが、今は動かしようがないので、夕方今行っている現場が片付いたらまたきますとのこと。

自分はこのあと、福井組の寺院会があり、組長としての初仕事なので早めに寺院会会場のお寺さんへ向かう。夜帰山したらA住建さんが相輪を何とかしたに下ろして帰られたそうで、屋根には応急処置の防水。

いやはや、大法要を前にとんだことになった。とにかくなるべく早急に対応を考えねば。

DSC_0696DSC_0698DSC_0707

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す