老人ホーム布教

午後、定例となっている市内の老人ホームT苑での法話に赴く。

法話の途中で意外なことがあった。鹿児島の高校の同級生で、個人でホスピスを運営している堂園メディカルハウスの院長のことに触れたとき、法話会の会場の後ろを通りかかったこの苑のスタッフの女性が元気よく「わたし、堂園メディカルハウスに見学に行ったことがあります」と手を挙げた。聞けばこの苑に来る前は同じ福井市内の赤十字病院に勤務していたとのこと。

法話会が終わって、施設長を交え彼女としばらく堂園メディカルハウスのことで語り合った。

自分の姉が彼の病院で最後までお世話になったこと、先日の高校の還暦同窓会に出席の予定だったのに、3人の子供の若いお母さんが急に重篤な状態に陥ったので彼が参加できなかったことなどを話す。

来月、今度は中学の同級生の還暦同窓会がまた鹿児島で開催される。その時また彼に会ってこようか。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す