月別アーカイブ: 2012年5月

F家葬儀

朝、急に思い立ってフィルターを急ごしらえで作って撮影してみました。門徒会館のスポット照明の紫色のフィルターを四枚重ねで使用。
埃だらけで綺麗に取りきれないまま撮影に突入。
DSC_0323DSC_0006

 

フィルターをキチンと用意すべきだったこと、レリースかタイマーシャッターにすれば手ぶれなしでもっとくっきり撮れただろうにと反省。

 

午前10時、F家葬儀。故人、現当主のお付き合いの広さを物語るように、ホール一杯の椅子もほぼ満席。

昨日も記したが、総代として率先してお寺の行事に参加、お聴聞された。そういえば千福寺の門徒推進員第一号でもあった方。本願寺募集の中国浄土教の祖師を訪ねる旅にも参加されたことがあるそうだ。

午後、そのF家の納骨法要。

ご尊父の跡をついで、ご子息にもお寺にお参りのご縁をお付けさせていただかねばとの思いから法要後の法話で、住職の願いをお話し、またそれはご往生されたお父上の願いでもあるのではないでしょうかと結んだ。ご子息が大きくうなずいてくださっていたことが有難い。

DSC_0028

故人の海軍兵学校の正服。

例によってお揃いの写真。

DSC_0055

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

ブログ再開

ながーい事ブログの更新を怠ってきました。4月の大法要の準備と法要を終えたあとのある種の虚脱感からブログに向くことが億劫になっていました。

でもその間、時間は当たり前のことながら流れさまざまなことが起こった訳で、日記というものを書かない人生を送ってきた自分が4年以上もブログを書いてきたということは大事にすべきことだなと思い返すにいたり、再開するに重い腰を上げることにしました。

「あれした、これした」の日常の些事の羅列に過ぎないことしか書けませんが、お付き合いくださるならよろしくお願いいたします。というわけでスケジュール表などをみながら遡って埋められるところは埋めたいと思います。

 

本日は午前中、敦賀のK家3回忌法要。実はこの日曜日は鹿児島へ帰省の予定で、K家の法事は京都の次男が勤めさせてもらうことになっていたのだが、ご門徒の通夜・葬儀ができたので鹿児島を急きょキャンセル。よってK家の法事も自分が勤めさせていただくことになったというわけである。読経後の法話、少し長めになったが皆さん熱心に聴いてくださった(と思う)。

IMG_1468[1]

法事終了後お斎を呼ばれおいしいお料理にお酒もすすみ、運転の法務員Y君にお任せで帰りの車中は爆睡。

IMG_1470[1]皆さんからお見送りいただきました。

 

夜、りんどうホールでF家の通夜。大変な数の会葬者。それでもお通夜のお勤めが始まったらご遺族は式壇近くの列に移動していただき一緒にお勤めをしていただいた。お焼香の流れが一段落したころには会場にはお正信偈の唱和の声が満ちた。

故人のFさんは自分が千福寺に入寺する以前からそしてこのりんどうホールの建設のころまで総代を務めてくださった方である。永代経報恩講の法座には最前列でお聴聞しておられた。寺の行事には積極的に参加され、ご一緒した最後の旅行は昨年の本山750回忌法要。

そんなことなどを交えながらの法話。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

法話の会

午前中、お菓子と法話の会。本堂で讃仏偈の後しばらく法話をお聴聞していただく。茶話会では、重い病気を抱えながら時間の限定付ではあるものの会社へ復帰された子供さんを持つKさんの、ご子息の発病から今までの3年間の体験談をきかせていただいた。

子供さんの病気のこともあり、この会へも欠席がちでしたが、また今後精一杯都合をつけて参加しますとの言葉に他の会員一同 「待ってるよ~」 のエール。

 

午後、遠戚にあたる金沢の前ご住職が往生され、母を伴い弔問に赴いた。父と龍谷大学での同級生。石川県では仏教界の重鎮でもあられた方で、宗門関係学園の理事長を長きにわたり勤められた。読経後、ご遺族としばらお話する。

最後には声も出にくくなったので、もっぱら筆談にたよったそうだ。最後の絶筆となった言葉が、「みんな仲良くな」だったとのこと。親としての一番深いところでの願いだろうとうなずくことであった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

日曜学校

いつも坊守と北陸高校のF先生、生徒さんに任せっぱなしの日曜学校だが、今日は法務の前に少し時間の余裕があったので、法話を担当。

DSC_0231DSC_0235DSC_0238DSC_0239DSC_0240DSC_0241DSC_0242DSC_0244DSC_0245DSC_0246

このあと、子供達を引率して近くの尾上公園で野外ゲーム。子供達は高校生のお兄さんやF先生と一緒に公園を駆け回って歓声を上げていました(そうです)。昔懐かしいぽこぺんという遊びは今の子供達にも大人気だそうです。

寺へ帰って甘いスイカを頂きました。このスイカは法話等のデジタル伝道を続けておられる水上甚榮さんから頂戴したもの。聞けばお取次ぎのご縁で熊本のS先生から水上さんに届けられたもののおすそ分け。

水上さん、S先生有難うございました。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.171005453029179.35046.100003591756545&type=1

 

このあと、市内F家ついでT家それぞれ7回忌法要を勤める。

午後、東京から帰省されたN家の一周忌。法要後、亡きご両親が求められたお仏壇ではあるが、関東在住の自分の住まいには相応しないので新しく求められたお仏壇にご本尊をお移するご遷仏法要。このお仏壇を車で持って帰られるそうだ。

毎年関東のご門徒さん宅のお参りをしておりますよとお伝えしたら、今年から是非自分のうちにもお参りくださいと申し出てくださった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする